ひとりで悩まないでまずは相談してみましょう

日々の生活の中で人は色んなストレスを抱えます。眠れない、やる気が出ない、イライラする、不安な気持ちになる・・ひとりで悩まずに安心してご相談ください。

児童思春期のさまざまな問題や、パニックになる・物忘れがひどいなどの症状がある中高年の方のご相談も受け付けております。外来診療だけでなく女性臨床心理士による個人カウンセリングも行っております。

8月山.jpg
はな2.jpg
花3.jpg
花6.jpg

臨時休診日等のお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 8月 2日(月)午前休診。午後は診療します。

   5日(木)午後定期休診

   7日(土)11時から代診の先生です。

   9日(月)から16日(月)まで、エレベーターの全面的リニューアル工事のため休診し

   ます。

  19日(木)午後定期休診

  20日(金)午前午後とも代診の先生です。

  23日(月)午前定期休診

  26日(木)午後定期休診

  30日(月)午前定期休診

・2日(月)の午後は診療します。

・7日(土)11時から代診の先生です。

・9日(月)〜16日(月)まで休診です。

・20日(金)は午前午後とも代診の先生です。

・23/30日(月)は午後診療します。

【8月のメッセージ】

 こんにちは。自粛生活が長期に渡り、心身ともに疲れていらっしゃるだろうと思います。思わず『もう飽きた』と言いたくもなりますね。

しかし、デルタ株の感染力(1人の感染者が何人にうつすか)は大きくて、1人から8人が感染するのだそうです。また若い人は重症化しにくいと言いますが、後遺症(例えば味覚障害、気力低下を含む倦怠感他)は長く残り、しかも有効な治療法はまだ見つかっていません。

 冷静に考えたら、①ワクチン接種を受けて②マスクと手洗い・手の洗浄による感染予防対策をコツコツやって③人混みの中に身を置かない。これらを根気強く実践してして、新型コロナウィルスから身を守る事が、コロナ禍の出口への近道だと思います。

 1年半経ちました。出口までの道の半分は、既に過ぎたのではないかと思います。

道を引き返さないためには、感染者数を抑える事が肝心かなめなポイントです。

あとひと我慢しましょうね。